雇⽤保険料率を労働者負担・事業主負担 ともに1/1,000ずつ引き下げの見込み

平成29年4月1日以降の失業等給付の雇⽤保険料率を労働者負担・事業主負担 ともに1/1,000ずつ引き下げるための法律案を、国会に提出しました。一般の事業の労働者負担 (失業等給付の 保険料率のみ)は4/1,000から3/1,000に下がる見通しです。


(参考:厚生労働省