第一生命系、外貨建て個人年金で新商品

第一生命ホールディングス(HD)傘下で、銀行窓販向けの商品を扱う第一フロンティア生命保険は11月、外貨建ての新商品を発売する。運用資金が最も多くなった時期の額を、10年後の満期時に受け取れるのが特徴。米ドルと豪ドルの2種類を用意した。定年退職後の資金を確保したい層などの需要を見込む。


[続きを読む](日経電子版)