死亡保険は点検の好機 長寿化で保険料相次ぎ下げ

働き盛りの人に万一のことがあったとき、残された家族の生活を守るには保険の死亡保障が欠かせない。最近、一部の商品で保険料が大きく下がっている。値下げの恩恵をフルに享受するには保険の特性を正しく理解することが大切だ。


【関連記事】掛け捨ての保険は損? 死亡リスクに大きな備え

2018年4月、保険料を計算する際の基準のひとつである「標準生命表」が11年ぶりに改定された。長寿化を反映した改定を受け、昨年から今年にかけて死亡保障の保険料引き下げの動きが相次いでいる。「健康な人は新しい死亡保障へ入り直すことで保険料を抑えられる例が増えた」とファイナンシャルプランナーの竹下さくら氏は話す。(続き)